2016年4月23日(土曜日)、【のりのりリトミックin浜松!】が無事に終わりました。
 
会場は、楽器博物館2階の「音楽工房ホール」です。
湿度管理などに大変気を使っているホールで、範子先生も、到着して試弾してみて「とても良い音で弾きやすい!」とおっしゃっていました。
9時半、受付開始です。
皆さん、遠方からようこそお越しくださいました。
ウェルカムコンサートならぬ、ウェルカム公開レッスン♪、2歳児親子の可愛い姿でまずは癒されました。
楽器博物館見学の様子です。学芸員の方が、ていねいに解説してくださいました。
わたしも何度も訪れていますが、1日ではとても時間が足りなくて、何度行っても発見がある素晴らしい施設です。
参加者の方々は、お弁当を食べた後、再入場していらっしゃいました。
ホールでは、初心者向けの体験講座が行われました。
課題は「ビート」です。初めて顔を合わせる皆さんも、範子先生の自然な誘導で心も表情もほぐれていきます。
 

お昼ご飯は、皆さんお待ちかね、うなぎ弁当です。
お昼休憩は、「音の屋台村」でお楽しみいただきました。
リトミック関連のグッズ紹介、癒しのクリスタルボウル、音の良いスピーカー、リコーダーオルガンなどなど・・・
アンケートには「時間が足りなかった!」と嬉しい感想をいただきました。
 
午後の始まりは、年長さんたちの公開レッスンです。
テニスボールを使ったウキウキするような即興演奏。帰りの車の中でも「またやりたい!」とずっと言っていたそうです。
よく言われることですが・・・、浜松の子どもたちは、田舎の子らしく、素直なので、ごくごく自然な子どもの姿をご覧いただくことができたのではないかと思います。
 
最後はいよいよ「のりのりリトミック」です。
範子先生ならではの、とても印象的なワークで始まりました。
経験者が対象ということで、少々難しい課題でしたが、笑いのこぼれる中での楽しいレッスンとなりました。

ちなみに、長丁場の最後にメインの「のりのり」が来たことを、範子先生が最初の挨拶で「ヘロヘロリトミック」なんておっしゃってました!
でも、さすがのまとまりで、アンケートでは皆さん楽しんでいただけた様子で、事務局としてもホッとしました。

来年は、4/23(日曜日)に予定しております。
土曜日で予定が合わなかった方も、ぜひ、お越しくださいませ。
お待ちしております。
コメント
コメントする