5月10日、はまホールにて、09年度の月例会が始まりました。

事務のyukoちゃんが声をかけてくれ、ランチタイムは新規生の方々も含め、にぎやかになりました。
その後、自己紹介をしたのですが、会員も新規会員も、心を打たれるコメントばかりで、思わず「うん、うん、へぇ〜〜!!」とうなづいて聞き入ってしまいました。

範子先生のお人柄もあり、「やっぱり、いい会員に恵まれてるなぁ・・・。」と実感したのでした。

09年5月

今年から人数がグッと増えたため、クラスが2クラスに分かれました。
私は午前中のクラス2に参加して、カノンのハードな課題に挑みました。
久しぶりに大汗をかき、ゼイゼイ言いながらレッスンを終え、心地良い疲労に包まれました。

リトミックは自分自身を解放できるので、スポーツでもあり、音楽でもあり、癒しのリラクゼーションでもあります。

これからの1年間、新しい方々からの刺激をもらいながら、浜松のダルクローズ・リトミックを盛り上げていきたいと思っています。


ところで、クラスが増えたので、範子先生は10時〜7時までの長いレッスン。
ずーっと集中して教えてくださっています。
しかも、東京〜浜松往復。
本当にありがたいです。
関連する記事
コメント
コメントする